Home花だより"美しいGolf場"メニュー  |旅の写真紀行 | ガラクタ博物館 | 画像を使いたい場合Link (おすすめサイト)Who? |

スコットランド St.Andrews Golf Links

 

OLD COURSE

セントアンドリュース オールドコース
日本ではローマンブリッジ、現地ではSwilcan Bridgeと呼ばれている石橋。
橋の先方、ビルの手前の角が18番のグリーンである。
グリーンすぐのフェンスの外側は一般道路で、ギャラリーが見物を楽しんでいる。
女性プレイヤーが乗せてくると惜しみなく拍手をしてくれるが、男の場合はすこし厳しいようだった。
代表的なアングルの写真、いかがですか?

オールドコースのフェアウエー。
硬く締まった地面はうねっていて平らではない。
縁の盛り上がっていないバンカーが隠れているので油断が出来ない。
また、ごらんのようにキャディーも手引きカートも不在で、自分でクラブを担がなくてはならないこともあるのだ。

バンカーのこの壁が曲者だ。壁に当たって出ることは無い。必ず戻ってしまうのだ。
砂は細かくて海の塩を含んでしっとりとして、これも振り抜きを悪くしているように思える。
ハマったら出ない、名物。(意外に、スラッと出ることもある!)

ロードバンカー
オールドコース17番のグリーン際に口をあけている有名なバンカー。
1978年全英オープンで中島常幸がここで4打をたたいて9でホールアウト。
それ以来、地元でも中島の名前と関連づけて記憶する人が多いという。=トミーズバンカー。

この力芝のようなイネ科の草が曲者だ。出そうで出ない、強いので振りぬけないのだ。
緑色はヒースで、草ではなく粘り強いツツジ科の木なのだ。
旗までもう100ヤードは切ってそうだが・・


ここから下は NEW COURSE 

オールドコースと並んで海側にあるニューコース。
ニューといっても1896年創設だ。
オールドコースをつっきってニューコースの1番スタート地点へ歩く。

ニューコースのラフからリカバリー。

トレーラーと云うんですね、この手引きカート
自分でバッグを担ぐことに比べればずいぶん楽ですよ。かっこいいでしょ。
オールドコースばかりが人気だけど、ニューコースも結構いいですね。

「コーンチキショッ!」 「・・・出ないね!!」